大阪 篠笛奏者 井上真実「さくらの会」主宰

プロフィール

井上真実(いのうえ まみ) 
作曲家・篠笛奏者

井上真実(いのうえ まみ)篠笛奏者 作曲家

大阪出身。
1985年「鬼太鼓座」のアメリカ・カナダ公演の笛奏者としてデビュー。
5年間のオランダ滞在中に、様々なアーティストとの交流を深め自らの音作りを構築。
欧州約120ヶ所のヨーロッパ公演を実施。
2003年より篠笛と電子楽器(シンセサイザー:AZUMA)で編成した和と洋を融合した 表現の世界を構築する「井上真実・AZUMAユニット」として、コンサートホールを始め 神社仏閣など国宝ライブ、多くの場所で演奏活動を展開。
NHKデジタルラジオ「万葉紀行」を1年間担当。NHK初め、多数のデレビ、ラジオに出演。 2013年より井上真実 with koskとして新たな表現に挑む。
優しくも激しくも自在に操り、透明感に富んだ音色と四季の情景、日本の風景、万葉の世界を 情緒豊かに表現する篠笛奏者として注目を集めている。

アルバムについて

童謡・叙情歌のアルバム「浜辺の歌」他8枚、万葉集をテーマにしたアルバム5枚、 「花うるはしき」「花くれなひに」「シークレットムーン」などこれまでに20数枚を意欲的に発表。 また新たに2013年より、井上真実 with koskとしてのファーストアルバム「杜のざわめき」を発表。 2014年秋には井上真実 with koskのセカンドアルバム「花いかだ」リリース予定。

篠笛指導

篠笛の指導にも力を入れ、小学校はじめ、子供から大人まで幅広く篠笛指導を行い、 楽譜集をこれまでに20冊制作、篠笛界に大きな広がりを提供している。 1999年より井上真実篠笛教室「さくらの会」主催。(現在150~60名のメンバーが参加している)